セクキャバ嬢とキャバクラ嬢と風俗嬢との恋物語

こんな偶然が

2度あることは3度あるってよくいうけれど、さすがにこんな運命的な出会いって現実にあるわけないと、いつも通りの平凡な日常へと再度シフトを入れ直そうとしていた矢先、またしても、超運命的な出来事が僕の身に降りかかります。時はとある週末の丑三つ時、週末といってもとくに彼女でもいるわけでもない僕は、部屋で一人ビールを飲みながら、ぼんやりとテレビを眺めていました。すると、こんな時間にだれでしょう。部屋のチャイムがなったのです。

ドキドキしながら、部屋のドアを開けると、20歳になるかならないか、カワイイくりくりお目目と、それに反してたわわに実った巨乳の女の子が突然即尺してきたのです。この子が有名デリヘル店(風俗店)のデリヘル嬢E絵との出会いでした。驚く僕をしり目にデリヘル嬢のC絵は、激しく僕の下半身を責めたてると、男の僕ももうとまりません。二人はなだれ込むように部屋の中へ入ると、デリヘル嬢の彼女は僕の上へ、69が始まったのです。激しく感じる彼女の悲鳴ともとれる喘ぎ声が今も忘れられません。どうやら彼女のお店は無制限発射らしく、今のデリヘルってすごいなって関心するのもつかの間、先日あったセクキャバ嬢、キャバクラ嬢との熱い夜が走馬灯のようによみがえってくるのでした。

あとあと、デリヘル嬢のC絵に聞いたところ、どうやら、依頼のあった部屋を間違えて僕の部屋へ来たとのこと。なので、料金はいらないとのことでしたが、3度も発射してしまった僕としては、そういう訳にはいきません。お礼の口内発射をプレゼントしてあげました。彼女は、お顔にかけられるのが好きなようで、満面の笑みでお掃除フェラをしてくれました。

セクキャバ嬢とキャバクラ嬢との違いは、こういったアフターサービスの度合いにあるのではないでしょうか?そんなことを考えていると、プレイの終わったデリヘル嬢のE絵はそそくさとオプションをまとめ、部屋を立ち去るのでした。

こんな短期間で夜の蝶であるセクキャバ・キャバクラ・デリヘルの女の子たちをこんなに満喫できる機会なんてそうはありません。これは神様がくれたなにかしらのメッセージだったのでしょうか。