セクキャバ嬢とキャバクラ嬢と風俗嬢との恋物語

運命の交差点

場所は、全国的にも有名な某スクランブル交差点。営業先への納品を急いでいた僕は、つい1か月前に起こった彼女達との運命的なできごとも、頭の片隅へおいやってしまっていました。この納品が遅れると今後の契約に支障をきたす。そんな思いだけが僕の脳裏を駆け巡っていたのです。歩道の信号が赤から青に変わり、まわりの人間をしり目に、急いで駆け出す僕の前に突然女の人の影が。気づいた瞬間、二入はその場に倒れこんでしまいました。

すいませんっと声を変えるその先に、あのセクキャバ嬢のA子がいたのです。二人は驚き、信号の点滅とともに焦っていると、あたりに散らばった納品予定の商品を拾って差し出してくれるやさしい人びとが。それが、あの人気キャバクラ嬢C美と即尺デリヘル嬢E絵だったのでした。唖然とした僕をしり目に、僕の周りには、魔のトライアングルができあがっていたのでした。この後の話は想像がつきますよね。みなまで語らせないでください。ここで僕が言いたかったことは、一人の人を愛しなさいってことです。

男ってどうしてこんなにばかなんでしょうね。とある人はこういいます。男は子孫繁栄の為に、本質的に女性全員に性的興奮を抱く生き物であると。某有名トレンディー俳優も、浮気は文化だっていっていました。それを初めて聞いたときは、思わず吹き出しそうになりました。浮気は文化じゃねーだろって。

でも今は思うんです。相手がセクキャバ嬢でもセクキャバ嬢でもデリヘル嬢でも浮気は浮気だってね。もし、それでも、複数の女性と関係を持ちたいのであれば、無茶はいいません。時間制限ありの割り切った疑似恋愛として、セクキャバ・キャバクラ・風俗の女の子達と仲良くしてみてって。若いうちはいいけど、いずれとても空しくなってしまう時がやってきますよ。経験者が語るんですから間違いありません 。

ここを見ているすべての男の子が、10年後も20年後も幸せな男女関係を維持していてほしいものです。