セクキャバ嬢とキャバクラ嬢と風俗嬢との恋物語

一人になって

この1か月はいったいなんだったんでしょうか。セクキャバ嬢・キャバクラ嬢、そして、デリヘル嬢との運命的な出会い。それも共通しているのが、どの女の子との関係もその日一夜だけのドラマで見たようなワンナイトラブだったのです。

今は、一人でキャバクラに飲みに行く気も、セクキャバでソフトサービスを楽しむ気も、ましてや、デリヘルなどの風俗店でヌイてむらう気もさらさらありません。だってそれってただの疑似恋愛でしょ 。

僕は、昇進証明のセクキャバ嬢・キャバクラ嬢・デリヘル嬢と本当に心が、いや気持ちが通じあえたんでしすから。もう、疑似恋愛では満足ができないからだになってしまったのです。こんな気持ちは最後に付き合った彼女と過ごした時間を忘れさせるくらいの出来事といってもいいんです。彼女達はどう思っているんでしょうか?セクキャバ嬢A子は、お店でお客にソフトサービスをするとき、僕を思い出してくれているのかな。キャバクラ嬢C美は、キャバクラ店でお客との楽しい会話のなかで、お客とのアフターの中で、僕のかすかな大影を感じてくれているのでしょうか。

デリヘル嬢のE絵は、デリヘル先の客宅でいきりったった下半身をみて、僕の下半身を思い出してくれているのでしょうか。僕は忘れることができません。いまでも毎晩思い出してしますんです。一度でいい。もう一度だけでいいから、あんなキレイな夜の蝶たちと、改めて激しくも熱い、濃厚な体と体のコミュニケーションを再度体感したいと毎日思っていました。その後、あのようなだいどんでん返しが待っているとも知らずに。

人生って本当に何があるかわかりませんね。昔、今は亡き某有名映画解説者が、お決まりのセリフでいったいて言葉をこんな時に思い出すとは思いませんでした。普通の男性だったら、こんな経験をしたら、トラウマになってデリヘルやセクキャバ、はたまたキャバクラなんかには行けなくなってもおかしくないと思います。